理想に近い年下女性

あまりに年下すぎる女性との結婚を考えるのはやめるべきです。たとえば50代なのに二十歳の女性と結婚したいとかです。中国国際結婚なら不可能ではないですが、こういったあまりにも年の差がありすぎるのは、やめるべきでしょう。

理想の女性

可愛くて優しくて・・・・
まぁ、理想を求めるのは悪くありませんが、中国国際結婚だって理想だけで考えるのではなく、もっと現実を見て考えましょう!相手女性が結婚したいと思える男性スペックを持ち合わせていなくては、相手女性だって見向きもしてません。とくに日本在住の中国人女性は目が肥えており、男性に求める基準も高くなってます。

年収・年齢・外見など、それなりに自信のある条件を兼ね備えてないと、お見合いしても相手から選ばれることはありません。

お見合いを開くスポットとして安心できるのは、料亭やホテルのラウンジや、レストランといった場所でしょう。伝統ある料亭だったら取り分け、「お見合い」という固定観念に近しいのではと推測できます。

結婚相談所などに入ったと言えば、とっても過剰反応ではないかと考えがちですが、パートナーと知り合う好機とあまりこだわらずに捉えている方が概ね殆どを占めるでしょう。
結婚紹介所、結婚相談所といった所で、結婚相手を探そうと決断した人の殆どが成功率を気にしています。それは必然的なことだというものです。大半の相談所が50%前後と回答するようです。
男性が沈黙していると、向こうも黙ってしまいます。お見合いの機会に、相手方にちょっと話しかけてから黙ってしまうのは許されません。なるたけあなたから采配をふるってみましょう。
年令もイッちゃったし、今更結婚相談所や結婚紹介所なんて、とお思いかもしれませんが、何よりも色々な手段の内の1つということで前向きに考えてみることは一押しです。遠慮していてチャンスを逃すなんて、ナンセンスなことは他にないと思います。
結婚相手の年収に固執して、運命の相手を見逃す状況がたくさんあるのです。婚活をよい結果に持っていく切り口となるのは、お相手のサラリーに関して男性女性の双方が認識を改めることは最重要課題です。